鹿屋体育大学自転車競技部!

鹿屋体育大学自転車競技部について紹介したいと思います。

鹿屋体育大学は鹿児島県、大隅半島のほぼ中央に位置する鹿屋市にあり、全国唯一の国立体育大学として未来の体育学の分野を担う人材となるべく日々勉学に明け暮れています。

そんな中、私たち自転車競技部は2012年に創部20年目を迎え、大隅半島の温暖な気候を生かして1年間を通して充実したトレーニングを行っています。
また、国立大学の研究設備を生かした科学的トレーニングも積極的に取り入れ、2012年にはOB、現役学生が1名ずつロンドンオリンピックに出場、そして国内大会では創部以来積み重ねてきた全国優勝の回数が通算で250勝を超えるなど創部以来、最も充実した活動を行うことができました。

私たちの活動のモットーは自転車競技で世界を相手に活躍できる選手を輩出すると共に、日本でこの自転車競技をもっとメジャーにし、未来の自転車界を支える人物を育成することです。この考えは黒川監督が自転車競技部を創部した時から変わっておらずOBを含め、自転車競技部全体が日々自転車競技のメジャー化に向けて努力しています。

そのために、鹿児島県内で行われる自転車のイベントやレースでは積極的にボランティアや先導ライダーとして参加するなど地元の方々や参加していただいた自転車愛好家の方たちと交流を深めることによって私たちの活動を知ってもらうことで徐々に地元の方々から私たちの活動に興味を持っていただいたり応援していただく機会が多くなりました。

そのような創部以来コツコツと続けてきた活動に理解を示していただいた地元の企業や、自転車ブランドなどのスポンサーの方々が私たちの活動を支援してくださるお陰で年々活動の質が向上しています。

明確に支援を受けて活動しているという責任と感謝の気持ちを持ちながらこれからも全国、世界に鹿屋体育大学の名前を広められるよう精一杯活動していくので、応援のほどよろしくお願いします。